ちょっと前の話になるのですが、アルバイト先の先輩が引越しをするから手伝って欲しいと、バイトが休みの日曜日に後輩4人集まって引越しの手伝いに行った時の話です。

結論から言えば、もう引越しの手伝いとして誰かに呼ばれても行きたくないし、引越しをする際はプロに頼むべきだなと思いました。

約束の時間に行っても梱包が終わっていない

これは完全に先輩が悪いだけの話なのですが、まず約束の時間にみんなで向かっても、梱包が全然終わってないんですよね。

これはプロの引越し業者に頼んだ場合でも良くある事らしく、荷物の梱包って面倒ですし、後輩とか友人に頼むと開始時間とかはルーズになりがちだと思います。

荷物の梱包が終わってないといっても、また別日に集まるのも面倒ですし、結局後輩みんなで梱包も手伝うしかありません。

引越しの手伝いと言う時点で梱包くらいは別に良いような気もするのですが、もちろんそれだけじゃないんですよね。

後輩が引越し先の壁に傷を付ける

梱包も終わり、後輩が乗り付けてきたエルグランドに荷物を載せ、引越し先である新居に到着します。

そこで荷物の搬入を行う訳ですが、後輩の一人が椅子を運ぶ際に、新居の壁に思いっ切り傷を付けるというアクシデントが。

いや、確かに注意して運べば防げるアクシデントではあるのですが、荷物の運搬に関しては素人ですし、今回は壁の傷だけでしたけど、電化製品とか食器を落として壊れるという事もある訳で・・・。

壁に傷が付いた時のみんなの気まずい感じと言ったらありませんでした。

それがプロの引越し業者に依頼していたら保証してもらったり出来ますけど、素人相手なら何も出来ませんし、「壁の補修費用払え」なんて言えるはずもありませんし、この点に関してはやっぱりプロに頼むべきだなと思いました。

思ってた以上に引越し大変すぎる

みんな引越しのアルバイト経験もありませんし、引越しの手伝いも初めてだったのですが、思ってた以上に引越しって大変だと感じました。

荷物を素人が運ぶのってめちゃくちゃ疲労が溜まりますし、梱包が終わってない件もありましたが、やっぱり素人だけでやる引越しって段取りも悪く、集合時間が16時だったのに結局21時半くらいまでかかりました。

当然、引越し費用を浮かせたいから後輩たちに頼んでる訳で、先輩からのお礼はご飯をご馳走してもらったくらいです。

報酬が欲しいわけではないんですけど、なんか壁に傷を付けたせいで後輩と先輩の間にもちょっと溝が出来た感じあるし、凄い疲労度高いし、引越しの手伝いなんてやるもんではないなと。

引越しの費用を浮かせたい気持ちは分かりますけど、後輩や友人に頼む時は、多少の謝礼を用意しておいた方が良いのでは?と思います。

ちょっと検索してみたところによると、引越しを友人に頼んだ時のお礼の相場は約3,000円~5,000円くらいみたいですね。
参考:引越しの手伝いを友達に頼む時の注意点は?お礼の相場はいくらくらい? – 引越しの教科書

トラブルを避けたいなら最初からプロに頼もう

壁に傷を付けた件でもちょっと言っていますが、素人だけの引越しだと物損の可能性もありますし、やっぱりトラブルを避けたいのであれば最初から引越し業者に頼んじゃった方が良いと思います。

友人や後輩に頼む時でも最低限の謝礼は用意しとくべきですし、それを出すのであれば結局プロの業者に安くやってもらった方が安心出来ますし。

それでも友人や後輩に頼むというのであれば、アクシデントが起きても構わないという気持ちで頼むべきでしょうね。